Fostering Entrepreneurship through Robotics

ロボティクスを題材とした若い起業家育成

INSPIRATION LECTURE | インスピレーションレクチャー

July 2018 @Tokyo Institute of Technology, Japan

エンジニアリングとデザインを融合した学際的プログラムである 東京工業大学 CBEC – Tokyo Tech Entrepreneurship & InnovationプログラムにてCEO高橋がゲスト講師を務めました。

MITのメソッドに従って起業のプロセスをレクチャーとグループワークによって学ぶ構成で、学生・社会人が共に学ぶ国際色豊かなクラスです。

長く技術先行型での開発が進み、ユーザー目線での価値創造と実用ユースケースの研究がおろそかにされてきたサービスロボットの課題を取り上げ、Preliminary Market Researchの重要性と、弊社での実践内容を紹介。Q&Aを交えて学生の皆さんと議論しました。

後半のディスカッションでは「なぜ価値探索のための市場インタビューの際にユーザーにYes/No質問をしてはいけないのか?」など、理論を実践に応用する際のポイントへも話が及び、大変充実した授業となりました。

Human Awareness | 人づくり

顧客価値を構成するのは ‘技術で何かが実現出来ること’ ではなく、使う、使われる場面と文脈(環境)、使い続けられるオペレーションとビジネスモデル(仕組み)、そして商品やサービス(モノ)、の組み合わせである事を、サービスロボットの事例を元に伝えています。


CEO Shoko Takahashi gave a lecture at entrepreneurship program in Tokyo Institute of Technology.

The class, one of the Cross Border Entrepreneur Cultivating program in TIT, is made of group-work and lecture, and students learn disciplined entrepreneurship following MIT method.

By sharing history of service robot, a stagnating industry whose tech-driven approach in product development has long ignored user-centric research, and kept providing underwhelming robots to the world, she told the importance of Preliminary Market Research and shared pragmatic method of it when applying to emerging industries.

Following Q&A session excited with lots of debate about how we can apply theories to real practice.

Human Awareness | 人づくり

Technical capability is commonly misconceived as customer value. We shared our lessons at service robots, on the contrary, the value resides in combination of consideration for users, environment, sustainable business model, and products that accommodates these elements, and how to orchestrate these are the key for success.