WHAT WE DO

We enable robots for everyone .

すべての人にロボットを、を叶えます。

ただそこにロボットがいるだけでは関わりは生まれない。人がいて、環境があって、モノがあって、それを支える仕組みがある。 全てが共感し共鳴し合うストーリーが出会ってはじめて 末永く時間を共にする関係が生まれます。
人・環境・モノ・仕組みを効果的に組み合わせ、ロボットと共に暮らすストーリーを紡ぐこと。私たちはそれをロボットエクスペリエンスデザインと呼び、すべての人がロボットと暮らす未来を実現する鍵だと考えています。

ロボットエクスペリエンスデザインの構成要素

Learn More
Learn More

Learn More
Learn More

If a robot doesn’t allow people to experience something desirable in a way that is appropriate to the context in which the robot is used, it will never be a part of our life. Context: Human awareness, environment, and sustainable business/social model are often underrated, but play important role for robot introduction. Some robots need to be re-engineered from prototype to accommodate given context. Robot Experience Design aims at designing the 4 elements by providing feasible scenario, and enable robots to work among us.

4 elements of Robot Experience Design

Learn More
Learn More
Learn More
Learn More
FEATURED STORIES

HUMAN AWARENESS|人づくり

Getting an idea of
what we want for robots

ロボットに求めることを言える人に

We create opportunities to learn how to
get along with robot through interactive communication.

手触りのある体験からロボットに出来ることを知り、
自分に合った使い方を考える機会を提供します。

ENVIRONMENT|環境づくり

Sharing Space with Robots

一緒にいて当たり前の世界をつくる

We set up a comfortable environment where
human and robot can share without hesitation.

人とロボットが気兼ねせず、安心して共存できる
シナリオと空間デザインを提供します。

PROTOTYPE|モノづくり

Re-engineer Robots
with Value-based design

求める価値からロボットを再設計する

We support to identify desirable experience, and
help to convert into product requirement.

実現したい体験や価値を明らかにし、
求められるロボットの形や機能に落とし込む
サポートを提供します。

BUSINESS MODEL|仕組みづくり

Sustainable System
for Society with Robots

ロボット共存を前提とした
社会や経済の仕組みづくり

We propose business model & social structure
that is necessary to run robot services sustainably.

ロボット活用に必要なルール整備や、運用オペレーション、
ビジネスモデルを合わせて提案します。