CEO, President
  • PRODUCT PLANNING |商品企画
  • SERVICE ROBOT BUSINESS STRATEGY|サービスロボット事業戦略
  • HUMAN ROBOT INTERACTION DESIGN|ヒューマンロボットインタラクションデザイン

本田技研工業にて二足歩行ロボットASIMOの事業企画に携わり、ロボットのグローバルオペレーションを管理するだけでなく、国内外でユーザー参加型の実証実験を企画、実現。その後、主力車種の商品企画責任者として開発-製造-販売までの商品戦略企画を担当。その後、ロボットを受け入れる世の中を作る為にはIoTによる社会インフラ改革の必要性を痛感し、コンサルタントとして東京、ロンドン、シカゴなどでプロジェクトに従事する。2016年、人々がロボットの様々なトライアルを前向きに受け入れるような世界の実現をサポートするincubionを設立。

一橋大学で競争戦略論を専攻。2016年にソウルで開催されたマサチューセッツ工科大学グローバルアントレプレナーシップブートキャンプにてチーム優勝。Ars Electronica FuturelabにてCreative Producerとしても活動。

Si-Fi, リアルを問わずロボット好き。自然を愛し、第二の故郷オーストリアと大好きなカナダの森に戻ることを夢見ている。

  • Meet ASIMO in Deep Space” (2010):オーストリアの世界的文化研究機関Ars Electronicaと行った、世界初の人とロボットのインタラクション実験
  • セーフティサブアセッサ
  • セーフティベーシックアセッサ(機械運用安全)
  • PARC エスノグラフィーイノベーションワークショップ(IWS)修了
  • Recognition in Disciplined Entrepreneurship – MIT

As product planner and business strategist, Shoko built her career in Honda Motor.  In ASIMO business development, she led several out-of-lab experiments in and out of Japan. She developed experience as a lead product manager of top-car models, and contributed to their success in competitive market. To deepen understanding of digital innovation in social infrastructure, as foundation of automotive technology, she switched career to engage in IoT social infrastructure renovation projects in Tokyo, London, Chicago. In 2016, Shoko launched incubion: social robotics laboratory, that aims at bridging technology and society to bring them into a better life.

Majored in competitive strategy at Hitotsubashi University. 1st place winning team of Massachusetts Institute of Technology Global Entrepreneurship Bootcamp program Class3 in 2016. Also worked at Ars Electronica Futurelab as creative producer.

Passionate about robots, both in real and SiFi.  Nature lover always want coming back to Austrian and Canadian forests.

  • Safety Sub Assessor (JC)
  • Safety Basic Assessor(JC)
  • PARC Ethnography Innovation Workshop Certified Student
  • Recognition in Disciplined Entrepreneurship – MIT