2017/11/21: Softbank Robot World訪問@汐留

Softbank Robot Worldを訪問しました。残念ながらBoston DynamicsのBigDogが動いている様子は見られませんでしたが、前回参加した2年前と比較してPepperの実用アプリケーションが徐々に得意分野を見極めている様子が見て取れました。

Pepperでなくてはならない理由(タブレットでも電光掲示板でも券売機でもなく、ロボットの本体が必要な理由)としてはやはり、人の興味を引く、ことが最も大きく、そこに価値を見いだせる産業での成功事例が多い一方で、臨機応変なニーズに合った対応が求められる受付等の分野は前回より少ない印象を受けました。

小売・飲食店での活用事例においてはCSR強化などもアプリケーションに挙げられていましたが、文脈に合った設置で賢く従業員の負担を減らす活用法(インバウンドでの事前注文受け付けなど)に発展性を感じます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です