運転手は人間とロボット、どっちが安心?「無人タクシーサービス」まもなく開始(アメリカ・アリゾナ)

「無人の自動運転タクシー」が、間もなく公道デビューします!

場所はアメリカ、以前から自動運転車の公道テストを受け入れてきたアリゾナ州。

乗客は専用のアプリで車を呼び、後部座席のパネルを操作して行き先を指定。クルマは信号や標識などの交通ルールを守りながら、指定された場所まで走行します。道を渡る人を見つけてきちんと止まり、同じような無人カーが何台もつながって走る動画が公開されています。

自動運転車は世界中で開発が進んでいます。すでに公道でも、こちらで紹介してきた無人のピザ配達車荷物の自動配達ロボットが活躍していますが、今回登場するのは、さらにハードルの高い「人を乗せて走る自動運転車」。
人が乗るクルマといえば人が運転するもの(クルマを運転したい!)と思いがちな私たちの意識も、変えていくときが来そうです。

  • •いつ: 2018年前半からサービス開始予定
  • どこで:アメリカ アリゾナ州 チャンドラー(地図
  • ロボットデータ:
    • 開発会社:Waymo(ウェイモ)社 …グーグル系列の自動運転車開発企業
    • 車両:クライスラー社「2017 Chrysler Pacifica Hybrid」をベースとした自動運転車
  • 乗れる?:実験はWaymoの社員のみ。
    来年から近隣住民にサービス提供予定
出典:
Medium – Waymo “Waymo’s fully self-driving vehicles are here” 2017年11月7日
産経ニュース ”グーグルが自動運転の「ロボットタクシー」を公道で実験開始へ” 2017年11月8日
Gigazine “Google発の自動運転カーがどこまで進化したのかを実感できるドライバーなしの試験走行ムービーが公開、近い将来に「完全自動タクシー」の提供を目指す” 2017年11月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。