ロボット配達員がスイスの街を疾走中

スイス国営の郵便企業「スイスポスト」が、2016年9月から自律走行ロボットによる自動配達の試験運用をしています。

配達を行う「Starship」は、上部にバックパック1つ分程度(最大10kg)の大きさの荷物が収納できる、6輪の自動走行ロボットです。

 

Starshipは歩道を走り、正面に人を認識すると歩道の端に寄って停止、人が通り過ぎるまでその場で待機します。中型犬くらいの大きさのロボットがじっと「待て」している姿は、なかなか愛くるしい光景です。

テスト走行距離8000km超、40万人の人と遭遇した現時点で、事故件数はゼロとのこと!

 

現在はダミーの荷物を配達するテスト中で、早ければ3年後の業務導入を予定しています。

テストが行われているのはベルン、ケーニッツ、ビベリストの3都市。道を疾走する可愛らしい配達ロボットが、スイスの新しい異国情緒になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です