ビーチのサメパトロールはAIドローンにお任せ

オーストラリアの海岸ではライフガードにドローンが加わったようです。サーファーで賑わう海面上を空撮した映像から、AIを使って水中を泳ぐサメのシルエットだけを見分け、危険を正確に検知するというもの。救難救助はドローンならではの活躍が見込まれる有力分野。広がりに期待したいですね。

  • いつ;2017年9月から
  • どこで:オーストラリア クイーンズランド・ニューサウスウェールズ近郊の海岸(地図
  • 何が;
    • ドローン本体;空撮用カメラドローン(Little Ripper Group社)
    • サメ検知ソフトウェア;リアルタイムで撮影した映像からサメの影像を検知(フロリダ大学らの共同研究)

 

出典:
ロイター通信 「AI搭載のドローンでサメ検知、豪州のビーチで来月実用化へ」 2017年8月28日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です