アセスメント事業

ロボットを導入するのに適した環境とは。

ロボット運用にかかる手間やコストは、使う場所やオペレーションの制約に応じてケース・バイ・ケースに異なります。現状をアセスメントした上で、ロボットが価値を発揮出来る環境作りに必要な要件を洗い出し、運用面やコストを考慮して、現実的な解決策を提案します。

詳しく聞いてみる

 

  • こんな方に: ロボット導入を検討している事業者、ロボットと人が共存する施設管理者、地域のロボット化を目指す産業振興局など
  • サービス例: 現場訪問、シャドーイング、現場スタッフインタビュー等を含む評価パッケージ
  • 評価対象(例): 設備インフラ(施設構造、通信、電力他)、環境制約(採光、ノイズ、温度、湿度他)、人間制約(動線、混雑状況、その他業務との干渉他)
  • 実績: 複合型商業施設(JP)/国立大学法人(JP)