ロボットをデザインするのではなく、ロボットと暮らす生活をデザインする

技術やデザインがどんなに素晴らしくても、場所と役割をわきまえて、場面に応じたやりかたで私たちを豊かにしてくれるのでなければ、ロボットが「役に立つ」とは言えません。

 

ロボットが目的でなく手段として、生活を豊かにしてくれるのはどんな場面か、私たちはそれをデザインすることから始めます。身の回りで使ってみる中で、ロボットも私たちも、すこしずつ心地よい関係性を探っていく。そのプロセス全体をサポートできるのがincubion(インキュビオン)です。

社会を開かれたロボットの実験場にしよう!

incubionは実証実験をより身近なものにすることで、


人々の中にロボットを置いて、いろいろな状況に直面する中で、企業や大学の研究所の中では経験できなかった様々な課題が見えてきます。

なぜその場面にロボットが必要とされるのか。現場・現実からのフィードバックを通じて、ロボットに本当に必要な要件を問い直します


賢くなってゆくロボットと、どのように触れ合ったらよいだろう。どんな環境なら快適に一緒に過ごせるだろう。

知らない人と少しずつ仲良くなるように、様々な体験を共有して初めて、経験が知恵として蓄積されます。多くの人がより身近にロボットと接する機会を生み出すことで、リテラシーの向上に貢献します


ロボットを受け入れる社会には、新しい価値観や今までにないインフラが欠かせません。ロボットとの暮らしが想像出来ないまま、既存の環境下で、既存のルールを当てはめる実証では、進化の芽まで摘み取ってしまいかねません。

社会の側に必要な変化も踏まえた総合的なロボット導入デザインを組み込む実証で、社会全体のアップグレードを支援します。

会社概要

 

会社名 インキュビオン株式会社 (英文社名:Incubion Inc.)
本店 〒351-0022  埼玉県朝霞市東弁財3−15−3
本社事業所 〒338-0001  埼玉県さいたま市中央区上落合2−3−2
新都心ビジネス交流プラザ3F COCOオフィス
代表者 代表取締役 社長 髙橋 祥子
設立 2018年 6月 6日
資本金 500万円 (2018年6月現在)
主な事業内容 サービスロボットおよびロボティクス技術に関わる
·      プロトタイプ企画・開発支援
·      事業化支援コンサルティング
·      実証イベント企画およびユーザーリサーチ
·      技術コミュニケーション支援

サポーター&パートナー