2018/4/18: RE:THINKING THE ROBOT@IIS

with コメントはまだありません

東京大学生産技術研究所 山中俊二研究室とロンドンのRoyal Collage of Artsの共同プロジェクトのイベントRE:THINKING THE ROBOTにお邪魔しました。

2月にこれまでの常識を覆して易々と不気味の谷 (Uncanny Valley) を越えるヒューマノイドロボットSEERを世にお披露目された藤堂さんが、その発見に至るエピソードをお披露目してくださり、目からうろこでした。

後半のRCAによるパフォーマンスアートを加えた新たなロボットのインターフェース「JINZO SKIN」の紹介は、AI時代の人とロボットのコミュニケーションを媒介する手段として大変示唆に富む内容で、今年一番の含蓄ある展示でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。