目指すは「ラストワンマイル」小型バスがビル内を駆ける(東京・六本木ヒルズ)

with コメントはまだありません

六本木ヒルズのオフィスエリアで、自動配達ロボットが働いています。

この実験で検証されるのは、物流の「ラストワンマイル」…最寄りの集配所から、お届け先までの効率化です。

赤いバス型のロボットが運ぶのは、六本木ヒルズ内の物流センターから森タワー内のオフィスに運ばれる書類たち。立体地図とセンサ、AI(人工知能)によって周囲の環境を判断し、歩く人や置いてある物を避けて、物流センターとオフィスエリアを走行します。

将来的には、オフィスで働く人へコーヒー を届けたり、居住者に荷物を届けることも予定しているそうです。

ヒルズで働く人以外は実験を見ることができないのが残念ですが、いずれ「ロボットによるラストワンマイル効率化」は自宅への配達にも影響するでしょう。もしかしたら、私たちの生活のしかたも、大きく変わるかもしれませんね。

 

  • いつ: 2017年10月8日(日)~2018年3月31日(土)
  • どこで:東京都港区  六本木ヒルズ内 (地図)
  • ロボットデータ:ZMP社製  自動走行宅配ロボット「CarriRo Delivery
    • 大きさ:133cm (全長) x 75cm (幅) x 109 cm (高さ), 90kg
    • 能力:最大積載100kg, 最高時速6km/h, 稼働8時間
    • 動画:https://youtu.be/QpGTOZRdwCI
  • ターゲット:六本木ヒルズのオフィスエリアで働く人

 

出典:
森ビル株式会社 プレスリリース 「日本初・AI自動走行宅配ロボットの実証実験を六本木ヒルズで実施」2017年10月6日
ロボットスタート「森ビル、六本木ヒルズでZMPの自動走行宅配ロボットを活用した実証実験を開始。エレベータを使用し書類を配達」2017年10月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。