ROBOT vs Human Salt-Weighing Challenge

ロボット VS 人間 さじ加減対決

INTERACTIVE EXHIBITION DESIGN | 体験型展示デザイン

February 21 – 24, 2019 @Tokyo Midtown

人協働ロボットCOBOTTAがAIとの連携で実現した塩秤量デモを、東京ミッドタウンで行われた『未来の学校祭』に向けて特別にデザインしました。

AIが可能にした “臨機応変な適応力” とロボットならではの “正確性” を分かりやすく伝えるため、だれでも参加できる、ロボット vs 人間 のさじ加減対決を設計。

大人も子供も体験でき、見ている人も思わず応援してしまう。COBOTTAならではの魅力を最大限に引き出しながら、それまであまり馴染みのなかった人々にも、ロボットをより身近に感じてもらうことを可能にしています。

ロボットやAIが暮らしに入ってくる未来に向けて、わたしたちは技術にどんなことを望むのか、自然と思いを巡らせるきっかけとなる体験デザインです。

Human Awareness | 人づくり

人とロボットが同じ動作をやってみる体験を通して、AIがどのように人の動作を学習するのか、機械学習の意味と成果を直感的に感じられるインタラクションを設計しました。実際に力比べをすると、ロボットは人を脅かす存在ではなく、得意分野を人と棲み分けながら共存するものだという理解が深まります。

Environment | 環境づくり

公共空間でも大人も子供も安全に安心して触れあうことができ、ロボットと物理的/心理的な距離が近くなる空間と展示台のデザインを実現しました。また対決ゲームという設定により、ロボットが動いている最中に手を出さない、という暗黙のルールが共有されており、無理なく安全な関わりを可能にしています。


We refashioned the amazing COBOTTA performance: measurement of salt by multi-modal AI, to a playful and interactive demonstration at “School of the Future Festival” in Tokyo Midtown.

COBOTTA is collaborative arm-robot developed by DENSO, and its integration with deep learning gave it ‘flexible adaptability‘ in addition to ‘measuring accuracy’. We devised participatory Human-Robot competition as a means to simply convey the complex idea of “Robot x AI capability” to kids and families.

The dueling excites both challengers and audiences whether or not they are familiar with technologies. People spontaneously start learning of robots, with its specialty and weakness.

Human Awareness | 人づくり

By performing identical task together with robot, people get to understand instinctively how robot learns certain behavior, and how machine learning supports robot to perform optimal action.

Tangible experience helps people to improve robot literacy, and mitigate the common fear of AI taking over human jobs, instead, it allows people to think how we should utilize technologies wisely by knowing advantage and disadvantage of the technology.

Environment | 環境づくり

We produced special table in smooth and open design to remove physical and emotional barrier for everyone, still putting safety as the highest consideration. Competition setting also suggested people not to interrupt robot while it is moving, that was also designed to keep people safe without instruction.