How can we build our future with AI

AIと共生するためには何をするべきか

PANEL DISCUSSION|パネルディスカッション

November 2019 @Tokyo, Japan

日本科学未来館で行われたサイエンスアゴラ2019にて、トークセッションアゴラ市民会議『どんな未来を生きていく? ~AIと共生する人間とテクノロジーのゆくえ』にCEO高橋がスピーカーとして参加しました。

サイエンスアゴラは研究者だけではなく、メディアや産業界など様々な立場の市民が集まり、これからの「科学と社会」を考える場です。

AIと人間は果たして共生できるのかーーーーー

市民の多くが疑問に思っているテーマについて、11人の識者と共に議論しました。

その中でAIと人間が共存するためには、技術の発展ばかりを待つのではなく、人間も社会ルールや行動規範を変えて、AIと共に生きる環境づくりに協力できることがあるのではないか、というメッセージを伝えました。

新しいテクノロジーは可能性と課題を秘めています。この隠れた課題を見つけようとする態度こそが、共生するために必要であり、アートやエクスペリエンスデザインが、人間からテクノロジーへの歩み寄りを促すことができる、と紹介しました。

哲学や神経科学、SFなどを含む多角的な視点から、AIと共に発展した未来社会像を描く、大変エキサイティングな対談でした。

Human Awareness | 人づくり

既に私たちの身近に存在するAI。その技術進歩によって私たちは便利な世界に生きています。しかし、同時にAIに支配されてしまうのではないかという拒絶感が消えないのも大きな事実です。このセッションは、専門家ではない一般の市民と共にAIと人間の関係性を考えることで、「知らないこと」によって生まれる抵抗感を取り除き、自分の未来として想像する機会となりました。


Photo: 国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST)
左から紺野登さん、千葉雅也さん、タカハシ、中尾悠里さん
ディスカッションの詳しい様子が集英社から本になりました:こちら

TEAM

CEO Shoko Takahashi attended the panel discussion, Agora Citizens Meeting – What kind of future will we live in? – held in Science Agora 2019, at Miraikan.

Science Agora is a platform for promoting dialogue between science and society opened to citizens.

How can we build our future with AI?

12 experts from different domains discussed over the question that most of citizens are curious about.

Shoko brought up this topic to the discussion; we cannot sit still and wait while technology is changing our lives because technology itself does not solve any problem. We need an effort to rebuild culture, social rules and behavioral patterns that leads us to better living with AI.

The world of AI waiting ahead of us is filled with possibilities. Art and experience design help developing curiosity and increasing awareness of issues behind that.

For mankind in 21st century, it is vital having an attitude to willingly accept unknown and create an open dialogue. Covering variety of topics from philosophy, neuroscience to Si-fi, the discussion went quite exciting inviting audience.


Human Awareness | 人づくり

Nowadays, we can find AI everywhere and it makes our lives easier. But at the same time, people are afraid that we will get controlled by it. In this panel discussion, citizens and specialists sit together to think of the relationship between AI and human. We hope this conversation would mitigate the fear and hesitation in life with AI.


Photo: Japan Science and Technology Agency
From left: Noboru Konno, Masaya Chiba, Shoko Takahashi, Yuri Nakao
More details about the panel discussion (written in Japanese): here

TEAM