お寿司なら、ちょっと贅沢にデリバリー

海外では各地で実証中の健気な姿が目撃されているデリバリーロボットも、法規制の問題から、日本ではこれまで実現してきませんでしたが、その第一号は日本食の代表、お寿司になるかもしれません。お寿司のために歩道をよける日が来たら、ちょっと負けた感がして、その日はお寿司にしてしまうかも。。
・いつ:2017年8月以降に実証予定
・どこで:まずは私有地で実証
・なにが:
 宅配ロボットCarriRo Delivery(プロトタイプ)made by 株式会社ZMP
 大きさ:大きさ:133cm (全長) x 75cm (幅) x 109 cm (高さ), 90kg
 能力:最大積載100kg, 最高時速6km/h, 稼働8時間.遠隔監視の元で自動走行
・お寿司:銀のさら
・会える?:ZMPは歩道を走れるよう法規制について当局に働きかける予定。町で会えるのはもうすこし先になりそうです。
出典
ZMP株式会社 ニュースリリース”歩道の自動走行を目指す宅配ロボット 「CarriRo® Delivery」発表!” 2017年7月13日
日経コンピュータ “「銀のさら」すしを宅配ロボが配達、ZMPが実証実験” 2017年7月13日 玉置亮太
マイナビニュース”宅配ロボットがお寿司を運ぶ – ZMP「CarriRo Delivery」実証実験” 2017年7月13日 田中省吾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です