声でスイッチオンして感染から手先を守ろう- Activate hands-free switch-pressing robot via voice command


だれもが感染者かもしれない、という前提に立って毎日を防御すべく、オフィスや家の中の共有スイッチを私たちの代わりに押してくれるロボット Switchbotを前回ご紹介した。今度は、出来ることなら手を汚さずに、もとい、スマホの画面すら触らずにON/OFFしたい。

タッチパネルを触らない
Keep hands off touch screens

接触感染を防ぐには、不特定多数の人が触ったところを触らないのが基本である。駅でICカードをチャージする券売機や、自動販売機とか、タッチパネルは今やなかなかの脅威である。

伝染リスクを避ける第2段階では音声認識を使う。触らないで済むところは触らないに超したことはないので、先日導入したSwitchbotを音声で動かしてみる。これもまた、簡単にできる。

スイッチボット
ハブミニ 

Switchbot
Hub Mini

赤外線リモコンやSwitchbotを遠隔操作可能にするハブ。くわしくは本家websiteへ。


設定のしかた
How to setup

1.電源に繋ぐ

付属のUSB電源ケーブルをコンセントに挿し、本体に繋ぐ。

2. Wi-fiと繋ぐ

アプリ>デバイスを追加。部屋のWi-FiのIDとパスワードを入力。

3. 音声設定

アプリの初期画面から、動かしたいスイッチを選び、クラウドサービスON⇒自分の音声認識デバイスを選択⇒キーワード入力

ここではSiriで設定したが、Google Assistant (グーグルアシスタント)、Amazon Alexa(アレクサ)やIFTTTにも対応している。”Hey, Siri”や”OK, Google” “Alexa”と声をかけて音声アシスタントを起動する設定にしておけば、完全にフリーハンドでスイッチオン/オフできるようになる。


こちらも、アプリの画面に従って2、3タップするだけで、あっけなく出来てしまう。あらためて、使う際の前提条件をまとめておく。

  • 使う部屋の中にWi-Fiが飛んでいること
  • 音声アシスタントが使えるスマートフォン/タブレット(Google Assistantが入ったアンドロイド端末/Siriが使えるアップル端末)または、スマートスピーカー(Google Home/mini、Alexa, Apple Home Pod)などがあること
  • Switchbotがあること(前回投稿参照)
  • 部屋が比較的静かであること

Hub miniはSwitchbotだけではなく、一般の赤外線リモコンにも対応しているので、家庭内のテレビやエアコンのリモコンなどの接触のリスクも一気に解決してくれる。是非、ご家庭での使用リポートがあれば聞かせて欲しい。

音声認識の限界
Limit of Voice Command

こんなことなら、世の中のタッチパネルやロボットは皆、音声認識に換えたら接触感染が減るのではないかと思ったりするが、安易にそうもいかない。

音声認識にはトラップがあり、ノイズが多い環境では正しく聞き取れない・予算内で設置できる製品の認識精度に限界があるなどの理由により、正しく認識できなかったりすると、聞こえていないのかと人間側が声を張り上げたり、マスクを外したらもっと良く聞こえるのか?等と思ってしまい

  • 結果として飛沫が飛んだりする
  • 正確な認識を可能にするために集音マイクを使わざるを得ず、逆にリスクの高い感染媒体を提供してしまうことになる
  • 最悪の場合、音声のみでタスクが達成出来ず、散々飛沫を飛ばした画面/ボタンを手で触る羽目になる

ので、逆効果になる可能性も否めない。音声が効果的に使える環境条件を選んで使うことが望ましい。駅の構内の券売機や屋外の自販機には向かないが、オフィスや家での使用を想定したSwitchbotは音声認識にうってつけのロボットである。

次のステップ
Next Step

これで、完全に触らずにスイッチが操作できるようになった。わーい。ロボット万歳。

ただこの場合、音声アシスタントをいつでもオンにしておかなければならず、Google やアマゾンにこちらの話が筒抜けになるリスクを考えると、ちょっと気持ち悪い。コロナウイルスは怖いが、プライバシーのダダ漏れも同じくらい怖い

次回は、そんなリスクを回避できるアイテムを設置予定なので、追ってご紹介する。

After successfully avoid the risk of touching shared switches by using Switchbot, now we tried to activate the robot via voice command, without touching our own smartphone to send command. Less touching is safer precaution for now. As a robot-experience professional, let us share how we use robots to mitigate contagion risk in our home/office.

Keep hands off touch-screens

More and more public machines start equipping touch-screen as user interface; vending machines, interactive digital signage, etc. The symbol of digitalization could be risky touch point of contagion.

The first phase of “Safe-Hands” project in our office was stop touching shared switches, but that still required us to touch our phone/tablet app. The next phase is to turn on/off them with voice command. Here is how we did.

Switchbot
Hub Mini

For Switchbot, and other infrared remote controller, TV, videos, etc. More details on its official website.


How to setup?

1. Plug in

Remove insulation tab from the device. Download app on QR code.

2. Connect WiFi

Open App, add device, and type wi-fi SSID and password.

3. Set trigger word

Select one switch, and turn on Cloud Service from Settings. Choose your Voice Assistant, and set trigger word following instructions.


Not only Siri, Switchbot Hub Mini covers major voice assistant services, such as Google Assistant, Alexa, and connectable with IFTTT. “Hey, Siri”, “OK, Google”, “Alexa” and the set trigger words will allow you to turn on/off your switches completely with your hands free.

requirements

  • Wi-fi available area
  • Smartphone/tablet with voice assistant (Android with Google Assistant, iOS devices with Siri), or Intelligent Speaker (Google Home/mini, Alexa, Apple Home Pod)
  • Switchbot (see last post)
  • Relatively quiet environment

You can set up other IR remote controller to Switchbot Hub Mini, so it’ll reduce virus transmission risk of sharing controller at your house.

Limit of Voice Command

Voice control is no doubt a powerful solution of reducing chance of contagious infection. However, it is not always the best option for robots or touch-screens, especially ones providing services in public spaces.

Performance of voice recognition often gets worse in noisy environment. When facing the trouble, people try things to make sure the machine can hear; speak louder, take off masks, or approach closely, which results in

Robot in station. It won’t work properly without the mic.

  • When any of speaking attempts wouldn’t work, people could end up using touch-screen/button that could have higher risk of contagion after numbers of close contact by others (breathing, coughing,etc..)
  • Otherwise, requiring to set up microphone nearby, which could be more dangerous culture medium for virus transmission

And, these ruins every reason why we wanted voice command in the first place.

When you install robot/machine with voice recognition, we recommend you to consider thoroughly about user experience design; whether it fits its environment and human behavior, and re-assess the benefit which originally stated at reason of installation. If you need help, let us know. Switchbot, that is supposed to be used in relatively quiet office, is actually the perfect fit for voice command.

Next Step

Now, you can turn on/off electrics without touching anything. Bravo!

Yet, I realized we have to keep turning on voice assistant all day long, honestly speaking, that I’m not totally comfortable with. I wanna avoid virus infection as much as invasion of privacy by GAFA or any other parties.

Let us share with you soon, how we solve the issue. Till then, please stay safe!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です